本文へスキップ


OFFICESOKEN.JP

企業理念CONCEPT

企業理念

オフィスビル総合研究所は1997年に設立以来、オフィスビルに関するさまざまな調査研究や、需給分析、コンサルティング、諸団体への講演、さまざまなメディアへのデータ提供を行っています。
経済基盤として機能的なオフィスビル、知的生産活動の場として、また、生活の場としてより快適なオフィスビル、そして金融資産としてのオフィスビルなど、私たちは新しい価値創造に貢献したいと考えています。

CEO

代表取締役 今関 豊和

略歴
東急建設を経て、ジョーンズ ラング ラサール(日本支社)、ラサール インベストメント マネジメント(日本支社、米国本社)にてリサーチ業務を担当。
2010年、三幸エステート チーフアナリストおよび当社 常務取締役に就任。2013年6月より現職。

デンバー大学 修士(M.B.A.)
ジョージア州立大学 博士(Ph.D. Real Estate)
明海大学不動産学部 非常勤講師 兼務

会社沿革

1997年
会社設立
2000年
「次世代ビルの条件」、「定期借家法ガイダンス」刊行
2002年
「都市の記憶?美しいまちへ」刊行
2005年
「都市の記憶U?日本の駅舎とクラッシックホテル」刊行
2006年
「新・次世代ビルの条件」刊行
2007年
「都市の記憶V?日本のクラッシックホール」刊行
2008年
「都市の記憶を失う前に 建築保存まったなし」刊行
2014年
「オフィスビル2030」刊行

バナースペース

株式会社オフィスビル総合研究所

〒104-0061
東京都中央区銀座4−6−1